Alexa-Skill

Alexa-HostedスキルをCloudWatchで監視する (前編)

Alexa-Hostedスキルを公開すると、運用中にエラーが発生していないか気になります。本記事では、Alexa-Hostedスキルから自前のCloudWatchにログを出力し、そのログを監視してエラーの発生時に開発者にメールで通知する方法を紹介します。
Alexa-Skill

Alexa APLのカスタムパッケージを作成する

AlexaのAPLドキュメントで、独自のレイアウトを作成し、パッケージ化することで複数のAPLドキュメントで再利用する方法について解説します。
Alexa-Skill

AlexaスキルのAPLドキュメントの構造を理解する

ディスプレイを持つAlexaデバイスに、視覚エクスペリエンスを提供するAPLドキュメントについて、その基本構成を解き明かし、ドキュメントのどこに何を定義すれば良いのか、サンプル画面を例にステップバイステップで解説します。
Alexa-Skill

Alexaスキルのテストを自動化するASTD (リファレンス編)

Alexaスキルのテストを自動化する、Alexa Skill Test Driver (ASTD)紹介のリファリンス編です。テストデータの定義について詳細を説明します。
Alexa-Skill

Alexaスキルのテストを自動化するASTD (後編)

Alexaスキルのテストを自動化する、Alexa Skill Test Driver (ASTD)紹介の後編です。ASTDのテストデータの定義方法や、ASTDによるテストの実行方法について説明します。
Alexa-Skill

Alexaスキルのテストを自動化するASTD (前編)

Alexaスキルのテストを自動化する、Alexa Skill Test Driver (ASTD)を紹介します。ASTDは、ユーザーとAlexaスキルの対話をシミュレーションすることで、Alexaスキルの対話テストを自動化します。
Mocha

備忘録: Mochaによるテストの基本構造

Mochaのフレームワークに従うテストコードの構造とコールバックに関する備忘録。基本ではあるが理解していないと思わぬところで足をすくわれるかも知れない。なんとなく使えているという人は、一度基本を確認して見るのも悪くはないかも。
Alexa-Skill

Alexaスキルでユーザーの名前をつけて応答する

Alexaスキルから、ユーザーの名前を付けて応答する方法について紹介します。スキルから「○○さん、...」のように名前で呼びかけることで、ユーザーフレンドリな対話を実現でき、パーソナライゼーションによるUX(User eXperience)の向上に寄与することが期待できます。
Alexa-Skill

Alexa Skills Toolkit for VS Codeでスキルを開発する (後編)

Visual Studio Code (VS Code)のExtensionである、Alexa Skills Toolkit for Visual Studio Codeを使って、Alexa-Hostedスキルを開発する際の注意点について紹介します。
Alexa-Skill

Alexa Skills Toolkit for VS Codeでスキルを開発する(前編)

Visual Studio Code (VS Code)のExtensionである、Alexa Skills Toolkit for Visual Studio Codeを使って、Alexa-Hostedスキルを開発する方法について紹介します。