React

備忘録: Reactコンポーネントの純粋性と副作用について理解する

Reactではコンポーネントは純粋 (Pure) であることが求められる。純粋であるとは具体的にはどういうことか、またなぜ純粋性が求められるのか、そして副作用との関係は、といった疑問について考察してみた。
Nginx

Nginxをプライベート認証局やオレオレ証明書でHTTPS化

Nginxで構築したWebサーバーのHTTPS化について紹介します。サーバー証明書には、プライベート認証局で署名した証明書、または自己署名した証明書を使っています。
Apache

UbuntuのRedmineをApacheで動かす (HTTPSとCORSに対応) (旧版)

UbuntuにインストールされたRedmine 5.0をApacheと組み合わせて稼働する手順を紹介します。自己証明書を使ったHTTPS化、またCORSの対応方法についても紹介しています。
Nginx

UbuntuのRedmineをNginxで動かす (HTTPSとCORSに対応)

UbuntuにインストールされたRedmineをNginxと組み合わせて稼働する手順を紹介します。自己証明書を使ってHTTPS化し、またCORS対応も行っています。コピー&ペーストで実行可能です。
React

備忘録: React useStateのバッチ処理と落とし穴

ReactのuseStateでは、複数ステートを同時に更新しても、Reactがバッチにまとめてくれる。しかし条件によってはバッチ処理が行われず、余分なレンダリングや不整合が発生することがある。この問題の発生するケースとその回避策についてまとめて見た。
Security

HTTPSにおける認証局の役割を理解する

HTTPS通信における認証局の役割について説明しています。HTTPS通信における暗号化を実現する鍵の役割と、鍵を安全にやり取りする仕組み、その仕組みを支える認証局とサーバー証明書について解説しています。
Apache

備忘録: Apacheから304が返ってこないときの対処方法

Apache 2.4のサーバーから304 (Not Modified) のレスポンスが返るべき状況で、常に200 (OK) が返るという問題に遭遇した。その解決方法について調べたので備忘録を残す。
Security

ESXiにプライベート認証局で発行した証明書を組み込む

ESXiのサーバー証明書にプライベート認証局で署名して、ESXiサーバーに組み込んだので、その手順について紹介します。Webクライアントでアドレスバーのセキュリティ警告を消すことができます。
Apache

Apacheをプライベート認証局やオレオレ証明書でHTTPS化

Apacheで構築したWebサーバーのHTTPS化について紹介します。サーバー証明書には、プライベート認証局で署名した証明書、または自己署名した証明書を使っています。
Security

プライベート認証局によるサーバー証明書の発行

プライベート認証局(オレオレ認証局)を構築して、Webサーバー向けのサーバー証明書を発行する手順について紹介します。認証局の証明書をWebブラウザやOSの証明書ストアに読み込むことで、自己署名証明書を使ったサーバーに、警告なしにアクセスすることができます。