RedSync – フリー vs. プロ

RedSyncは、フリーとプロ (有償) の2つのバージョンで提供されます。この2つは必要に応じて使い分けることができます。プロ版は、ボード単位でのサブスクリプションです。(ユーザーごとの課金はありません)

下表はフリー版とプロ版で、TrelloカードとRedmineチケットが、どのように同期されるのかを示しています。

◀– / –▶ 設定によりどちらか一方向
◀–         RedmineからTrello
◀–▶      両方向

Trello フリ  ー   プロ   Redmine
カード名 ◀– / –▶ 題名
説明 ◀– / –▶ 説明
開始日 ◀– 開始日
期限 ◀– 期日
完了 ◀– (ステータス)
Redmineデータセクション
トラッカー ◀– ◀–▶
ステータス ◀– ◀–▶
優先度 ◀– ◀–▶
カテゴリー ◀– ◀–▶
進捗 ◀– ◀–▶
フィールド同期
カスタムフィールド ◀– 標準フィールド
カスタムフィールド ◀– ◀– / –▶ カスタムフィールド
作業時間を記録
作業時間 ◀– ◀–▶ 作業時間

標準フィールド: トラッカー, ステータス, 優先度, カテゴリー, 進捗率, チケット番号, 担当者

プロ版では、RedSync Proxyを使ってCORS非対応のRedmine Serverとも、双方向の同期を行うことができます。

プロ版にアップグレードすると

プロ版は、RedmineとTrelloの双方向の統合を実現します。作業のステータスや進捗をカード上で更新でき、その結果はRedmineのチケットに反映されます。これにより、プロジェクトメンバーに負担を強いることなく、プロジェクトの状況を迅速かつ正確に把握できるようになります。

フリー版は、RedmineからTrelloへの片方向の統合を行います。これはWBS (チケット) に沿って作業 (カード) を編成する上で有用ですが、カード上で作業のステータスや進捗を報告することはできません。ただしカードにチケットへのリンクが貼付されているので、対応するチケットを開いてステータスや進捗を書き込むことができます。

必要に応じて使い分けが可能

例えば、報告頻度の多いプロジェクトの進行中はプロ版を使い、プロジェクトが完了すればフリー版に戻すことで、コストを最適化することができます。

Copied title and URL